Colabo-ya《子ラボ屋》

子どもの居場所で自由な学び

COLABO-YA《子ラボ屋》の目指すもの

子ども達の毎日にはマナビがあちらこちらに転がっています
どんな有名な学者、芸術家、富豪、社会活動家も、生まれてから沢山のマナビを通して成長をしています
その中で個性や、特技を伸ばしながら成長をします

マナビというのは、勉強や、習い事だけではない、広い好奇心や、探究心全てを指します
子ラボ屋は、沢山のマナビが自由であることが最も重要だと考えてます
他から与えられた学びから、自分で取り組むマナビへと変化した時、子ども達の生活は心身ともに豊かになります

子ども達の普段過ごす環境が、安心できる居場所であり、マナビが転がっている環境というのは、実は世界ではあまり珍しくありません
子ラボ屋は、世界中の人々と接し共に歩み切磋琢磨する時代に、楽しんで自らの人生を生きることのできる子ども像を目指しています
その為に子どもの居場所を通して自由なマナビを提供し、社会に貢献をしたいと考えています

事業内容

■民間学童の企画・運営
■教育関連イベントの企画・運営・支援
■地域コミュニティー企画・運営・支援
■教育関連システムの開発
■その他教育関連事業に足すざわる業務

代表

白澤 美幸

Most Viewed Posts